ディルイーヤ リヤド

ディルイーヤ

ディルイーヤ リヤド

第1次サウード王国発祥の地、巡礼者と商人の歴史的交差路、そして王国有数の大掛かりな遺産開発スポットであるディルイーヤへようこそ。

ساونيهون

ワーディー・ハニーファを水源とするオアシスに形成され、リヤドの郊外に沿って湾曲するディルイーヤの日干しレンガの城壁内には、かつて文化と商業の中心地であった繁栄する砂漠の都市がありました。この地域の要塞としての主要地区であるトライフ地区は、サウード王家のもともとの権力の中枢でした。1745年、この都市は国の首都に指定され、後に統一サウジアラビアとなる基盤を築きました。

ディルイーヤは1818年後期のオスマン・ワッハーブ戦争終焉時に崩壊し、国の首都は近くのリヤドに移されました。トライフの遺跡は2010年にユネスコ世界遺産となり、それ以来、この地域は歴史的な遺産を蘇らせることを目的とした骨の折れる修復計画の対象となっています。ディルイーヤでの作業はまだ進行中ですが、豊かな遺産を引き継いだ多くの遺跡が一般に公開されています

آخر المعلومات عن السياحة في اليابان في فترة الجائحة هنا

X